〒458-0041 愛知県名古屋市緑区鳴子町5丁目9-2

お問い合わせ

2019/09/18

LIXILがフェンスと駐輪場の“BIM自動設計ツール”を提供
LIXILは、BIMオブジェクトのフェンスと駐輪場を自動配置するツールを新たに提供する。建築BIMモデルに、作成に手間が掛かる外溝のモデルが備わることで、完成後のイメージが今まで以上につかみやすくなる。


2019/08/28

5Gの実用化で建設業界が変わる!
5Gであれば大容量のデータを遅延なく伝達できますので、建設機械の感覚的な油圧操作も、作業員が現場にむかうことなく、自宅やオフィスなど安全な場所で遠隔操作するなんてことも実現します。

ドローンは測量や現場撮影などの分野ですでに一定の成果をあげていますが、このように5Gが登場すれば、ドローンを更に活かせるようになることで、現場での生産性や安全性も一層高まることが期待できます。


2019/08/23

リフォームと建設会社の今後
建設会社の今後を考えた場合に、地域の地盤や今までの建設業のノウハウが使える業界はリフォーム業界だろう。建設業に近く、今後の市場の大きさを考えると一般住宅の改修事業は柱となりうる可能性を持っている。

高齢者世帯の増大による介護住宅改修の新分野だろう。
介護保険対象者の住宅についてのリフォームは介護保険の対象となり、利用者の負担は1割程度である。利用者にとっては非常に利用するためのハードルが低いリフォームであり、高齢者がこれからますます増えていく日本の今後には大きなマーケットと言える。


2019/08/02

お盆休暇のご案内
誠に勝手ながら、2019年8月10日(土)~8月15日(木)まではお盆休暇とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。
FAX・メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、8月16日以降に順次対応させていただきますので、ご了承の程、お願いいたします。


2019/07/19

バックホウ自律運転システムを開発/2019年12月から土木現場に適用
掘削範囲の土砂をバックホウが3Dスキャナーで確認し、最適な積み込みポイントを判断して掘削。
人工知能(AI)やNECが開発した適応予測制御技術なども活用している。
12月から土木工事現場に適用する予定。バックホウの走行移動は遠隔操作で行うが、将来的には自律移動の実現を目指す。


名古屋を中心とした愛知県内で住宅リフォーム・マンションリフォーム・アパートリフォーム・住まいメンテナンスするなら株式会社ケンライン

〒458-0041 愛知県名古屋市緑区鳴子町5丁目9-2