〒458-0041 愛知県名古屋市緑区鳴子町5丁目9-2

お問い合わせ

2019/07/01

不当工期禁じる改正法が成立
建設業界の労働環境を改善するための改正建設業法と改正入札契約適正化法が、2019年6月5日の参院本会議で全会一致により可決、成立した。発注者が不当に短い工期での契約を強いることを禁じ、建設業者に社会保険加入を義務付ける。2020年末までに施行する。

 業界では作業員の長時間労働が常態化。24年度に時間外労働の上限規制が導入されるため、改善が急務となっている。

 改正法は、国の審議会が適切な工期の基準を作ると規定。違反した発注者には国や都道府県が改善を勧告し、従わなければ公表できるとした。


2019/06/07

外国人技能実習生の採用試験、面接を実施
バングラデシュの首都ダッカで、面接を行い採用しました。
建設業全体の人手不足に伴い、外国人の若き力は今後の日本に必要不可欠であると考え、外国人技能実習制度の導入に踏み切りました。


2019/05/14

省エネ建築、対象拡大へ 中規模ビルも義務、改正法成立
オフィスビルなどの中規模建物(延べ床面積300平方m以上2千平方m未満)を新築する際、省エネ基準への適合を義務化する改正建築物省エネ法が10日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。現在は大規模建物(2千平方m以上)だけを義務付け対象としているが、拡大する。近く公布し2年以内に施行する。

 パリ協定に基づく温室効果ガス削減目標の達成につなげるのが目的。建築主は断熱窓や発光ダイオード(LED)照明などの導入が求められ、基準を満たさないと着工できなくなる。

 マンションを含む住宅と小規模建物(300平方m未満)は、家計の負担などに配慮し対象外とした。


2019/04/18

ゴールデンウイーク休業のお知らせ
誠に勝手ながら、2019年4月27日(土)~5月6日(月)まではゴールデンウィーク休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。
FAX・メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、2019年5月7日以降に順次対応させていただきますので、ご了承の程、お願いいたします。


2019/03/27

カンボジア初の高速道路3月22日着工 中国が全面支援  投資額2000億円強
カンボジアは2000年代半ばまで日本が最大の援助国だったが、現在は中国に投資や援助資金を大きく依存する。フン・セン首相は東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で中国の立場を代弁することが多く、中国の影響が強まることでこうした傾向がさらに強まる懸念が出ている。

投資額20億ドルは、中国政府系企業が負担し、総延長約190キロメートルの区間を2023年に完成させる。


名古屋を中心とした愛知県内で住宅リフォーム・マンションリフォーム・アパートリフォーム・住まいメンテナンスするなら株式会社ケンライン

〒458-0041 愛知県名古屋市緑区鳴子町5丁目9-2